Nihilismus

SOKO NASHI NUMA

NCT 127が『Neo Zone』ティーザーで17年前の服を着ている面白さを熱弁してみる

この記事をシェアする

3月6日に2ndアルバム『Neo Zone』を発表するNCT 127」

昨年5月に発売された4thミニアルバム『WE ARE SUPERHUMAN』の衣装もかなりの熱量で紹介したのですが、今回の衣装もなかなか興味深くて。

 

korealove-girls.com

 

15日に公開されたティーザーイメージはメンバー全員のスタイリングにライダースジャケットが使われていて、かなりロックな印象。これらのジャケットは既製品ではなくリメイクだろうな~と思うものもちらほら。

 

今回のティーザーの衣装の中で服オタの心をくすぐりにくすぐったのは、マークのジーンズです。

こちらのジーンズは日本のブランドUNDERCOVER(アンダーカバー)」のアイテム。デザイナー高橋盾氏の娘さんララさんはモデルとして活動していて、「ファッションウィーク東京 2020F/W」のキービジュアルに起用されたばかり。ルミネの広告モデルもやっていたので知らない内に目にしてる方も多いかも。

 

個人的にはこの世に無数に存在するデザイナーズブランドの中でも日本のブランドが大好きで。韓国や中国のアイドルたちが日本のブランドを着ているだけでワクワクしちゃうのですが(なので『SUPERHUMAN』でTAKAHIROMIYASHITA the Soloist.が使われた時も熱量が異様だった)、今回注目すべきなのはそのシーズン。2003S/Sのアイテムなのです。

 

「2003S/Sって何なの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、「2003 Spring/Summer」のことでつまり2003年の春夏コレクションのこと。そう、17年前のアイテムなのです。

 

UNDERCOVERの2003S/Sコレクションのテーマは「SCAB(かさぶた)」。このシーズンは今やパリ・ファッションウィーク常連であるUNDERCOVERが初めてパリで発表した記念すべきシーズンでもあるのです。ちなみにこのシーズンは今でも非常に人気で、2016S/Sではブランドの25周年を記念して復刻アイテムがいくつか出ています。(参考画像38、39枚目)

 

www.fashionsnap.com

 

f:id:maverick922:20200215135149j:image

2016S/Sが特集された雑誌『PRODISM』を引っ張り出したりとあれこれ調べてみたのですが、おそらくマークが着用しているデザインは復刻版が出ていない、はず…!たとえ2016S/Sの復刻版だとしても4年前のものになるのでそれでも凄い。

 

「2003S/Sのアイテムが使われること」の面白さについてもう少し深く触れておくと、

「17年前」を感じさせない

とにかくこれですよね。是非、「2003年 ファッション」とググッてみて下さい。おそらく大多数の方の口から「うわ~~」という言葉が出るんじゃないかなと。懐かしく感じる人、そもそも記憶にない人、生まれていない人…様々だとは思いますが、「過去」だという認識は共通しているかと思います。

 

それを踏まえてマークのジーンズを見てみると、そういったものは一切感じない。完全に「現在」。UNDERCOVERのアイテムの価値というものをひしひしと感じます。

 

「記憶力」を試されている気がする

芸能人の衣装に過去のシーズンのアイテムが使われていることは珍しくありません。

現行シーズン(今ショップで売られているシーズン)が使われていることがほとんどですが、BTSだったり「影響力」があると判断された有名人はまだ市場に出回っていない先のシーズンをかなり早い段階で着たりします。

 

その逆もあってコンセプトに合っているからだったり、スタイリストの気まぐれですこーし前のシーズンが使われることもあります(あまりにもタイミングが微妙でグループのリアルな「予算」を感じてしまうこともしばしば)。ただし、17年前というのは異例

 

正直なところ、ほんの数シーズン前でも探し出すのは苦労します。検索対象が膨大だったり、古くてインターネット上には情報が少なかったり。そういった場合は大抵自分の記憶力を頼りに探したりするのですが、古ければ古いほどスタイリストから挑戦状を叩き付けられている気がして燃える。そして見つけ出した時は「勝利」を感じる(一方的)。

 

一つ前のシーズンでもセールが終わっちゃえばオンラインショップではもう販売されないので(ブランドによってはセールしない所もあるし)、正確な値段がわからないのが残念ですね。あとシンプルに自分が「欲しい」と思っても、もう買えないタイミングなので悔しかったりする。

 

スタイリストどこから持ってきたんや

そしてシンプルにこれ。

古着屋さんなのか(それが韓国なのか日本なのかも気になる所ではあるけど)、いわゆる"スタイリスト私物"なのか。スタイリスト私物なら私物で、このスタイリストはかなりの服オタク、しかも日本のデザイナーズブランド界隈がめちゃくちゃ盛り上がった頃のオタクなのがわかる。(勝手に)友達認定。

 

服オタクってこじらせるとたった1本のジーンズに対して2500字近い記事を書けちゃうんですよ。さすがに自分でも怖い。

 

最後に。

ジェヒョンのジーンズには『SUPERHUMAN』でも使われた「TAKAHIROMIYASHITA the Soloist.」のアイテムが使われています(3色展開)。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.(@thesoloist_aoyama)がシェアした投稿 -