Nihilismus

SOKO NASHI NUMA

10年越しに内博貴を推し始めた

この記事をシェアする

ご無沙汰しております。

 

すっかり“ボリュームある内容を書く場所”=ブログになってしまい、なかなか更新出来ずにいます。SNSが普及した今、そういう使い分けをしている人も多いと思うのですが、小~中学校の頃はその日あった事を1日に複数回、気軽に更新していたのを思うと懐かしく思うこともあるものです。まあ、今の家にこもって仕事をする日々だと「その日の出来事」さえ無いんですけどね。

 

さて、Twitterをご覧いただいてる方はお気づきになっていると思いますが、最近は内博貴くんの話題が非常に多いです。…はい、見事にジャニーズにカムバックです。正直、戻ってくるとは思わなかったです。

 

小学生の頃からブログをしていたのも当時、がっつり“ジャニオタ”だった為で、今と同じように衣装や私服を紹介していました(何年経っても変わらない)。

その後、JリーグK-POPと様々なものに興味が移っていき、「マイナーどころを推す」という習性を身に着けた果てに、「(ほぼ全ての)推しが活動しなくなる」という状態に陥りました。そして、このコロナ禍。そう、(オタク的に)めちゃくちゃ暇

 

何かを追っかけていないと精神が死ぬ。そんな人間が辿り着いたのが内博貴だったのです。(内くん目当てで現場に足を運び始めたのは去年の9月で、ブログでもちょこちょこ書いています)

 

maverick922.hatenablog.com

maverick922.hatenablog.com

 

「またジャニーズの現場に行き始めた」と話すと、大体「え、キンプリ?スノ?スト?」と返ってくる。それに対して、自分でも“何でだろうな”と思いながら「内博貴」と答える。中高生の頃に何度もコンサートに足を運んでいたのに、何故か約10年経ったこのタイミングで推し始める。人生って分からないものです。 

 

ひとつ言えるのは、韓国や中国のアイドルを見てきて、自分自身も年を取って物事に対する視点が増えたというか。ものさしの種類が増え、目盛りも細かくなったといえば良いのかな。

 

やっぱり久々のジャニーズで戸惑うこと…“これが出来たらなあ”と思うことは多いです。

自分のカメラで撮って、好きなように好きな瞬間を切り取りたいと思うし、ソンムル(プレゼント)やフードサポートを出来たらなと考えることもあるし、写真や動画ももっと自由に使えたらなとも思うし。あとはね…日本語で手紙を書くことに慣れない。拙い外国語だとどうしても直接的な表現になったり、ニュアンスを100%掴めないからこそ書けることがあったり。日本語だと悪い癖が出まくって回りくどくなって、「何が言いたいの?」という内容になり、最終的に「自分何やってるんや…」とふと我に返ってしまう。難しいです。

 

まあそんな感じで、久々にジャニーズのタレントを推すことを楽しんでいます。アクセル全開だとすぐに疲れてしまうことは幾度となく学んできたので、ゆっくりとね。

 

内くんにはやっぱり歌い続けて欲しいので、オタクとしても出来るだけ長く資k…燃料を供給出来るように。

 

最後に、去年11月に行われたライブのダイジェスト映像が公開されています(こういうものがアップされるだけで、私ががっつりジャニオタだった頃と比べるとすごい発展…)

本人も触れていましたが、こちらの2曲はライブ終盤のパフォーマンス。激しい曲を立て続けに披露しているパートでもあります。

フルパワーは“こんなもんじゃないぞ”(それをアーティスト本人が言っちゃうところが、内博貴らしいなと思っちゃうのだけど)と、会場に足を運んで頂ければわかると思うので…それを1人でも多くの方に感じて頂く為にも、是非ライブは年1と言わず年2ぐらいで…よろしくお願い致します。

 


"Winter Paradise 2020 ~ Fuyupara ~ Hiroki Uchi's Performance" Digest Movie